タックしあわせCD 無料試聴音楽おすすめ販売

2005年10月25日

アストラッド・ジルベルト おいしい水 ボサ・ノヴァの超名盤

おいしい水
おいしい水
posted with amazlet on 05.10.25
アストラッド・ジルベルト アントニオ・カルロス・ジョビン ジョアン・ドナート
ユニバーサルクラシック (2003/04/23)
売り上げランキング: 14,804
おすすめ度の平均: 4.33
5 60年代の雰囲気がオシャレ
3 女王の存在感に圧倒
5 癒されたい方BUY or DAI


またまたボサ・ノヴァの超名盤です。ラテンだから、正確にいうとブラックミュージックに入れるかどうかは微妙かもしれませんが、まあ、その辺は固いこと抜きでということで。

サウンド的にはジャズもブラックもフュージョンもラテンも全部親戚みたいなものなので。

内容(「CDジャーナル」データベースより)
ボサ・ノヴァの女王が{イパネマの娘}の大ブレイクを経た65年に吹き込んだ初めてのフル・アルバム。言うまでもなく,あの特有の浮遊感の絶頂期。腰骨が緩むような快楽が迫り来るこの雰囲気こそ,彼女を体験する醍醐味。原本通りのフォーマットで初CD化。

「腰骨が緩むような」ってどんなんやねん!珍しい表現ですな。



レビューを参考にどうぞ。

癒されたい方BUY or DAI, 2003/08/22
レビュアー: relax841   香川県
必ずどこかで聴いたことのある名曲がずらり。夏の朝起き抜けに聴いて二度寝してしまうような幸福感に酔いしれてください。彼女のささやくような歌声と高揚感ある選曲はアストラットジルベルト入門、もしくはボサノバ入門に相応しい1枚だと思います。


女王の存在感に圧倒, 2003/10/21
レビュアー: ぴぐもん   茨城県 Japan
 アンソロジーを聴いてるときは感じなかったけど、彼女の声こんなに耳障りだったかしら?それもどちらかというと英語で歌う時にそう感じる。このアルバムを聴いてナラ・レオンがボサノヴァのミューズ、彼女が女王と言われる訳がわかったような気がした。人間の力を超越した霊的なものをかもし出すナラ・レオンに比べ彼女の音楽は愕く程自己主張を貫く。そして思った。彼女の声、英語が似合う。
 女王に圧倒される中で7曲目のDINDIは少女のようなあどけなさが感じられる1曲。


60年代の雰囲気がオシャレ, 2004/01/08
レビュアー: ボイジャー   高知県 Japan
私はボサノヴァはほとんど初心者なんですが、彼女の声、力んだところが無くて癒されます。ナラレオンと比べても、エレガントで柔らかい感じが魅力だと思いました。

それなのにどこかピリッと締まったところがあって、曲全体はオシャレに仕上がっているのが素敵ですね。爽やか、という感じではなく、気だるい雰囲気が漂っています。古い音源のせいか、全体にくぐもって聴こえる感じですが、その感じがまた良く似合っています。60年代の雰囲気満載です。曲数も25曲入ってお得だと思います!

気負わず長く聞いていける一枚だと思います。


このアストラッド・ジルベルトはボサ・ノヴァの女王とまで言われています。その彼女の名盤中の名盤なので、これからボサノバ入門して、聴いてみたいという方にはこういうスタンダードな一枚が断然オススメです。

曲目リスト
1.ワンス・アイ・ラヴド
2.おいしい水
3.暝想
4.アンド・ローゼズ・アンド・ローゼズ
5.悲しみのモロ
6.お馬鹿さん
7.ジンジ
8.フォトグラフ
9.夢みる人
10.あなたと一緒に
11.サヨナラを言うばかり

おいしい水

タニア・マリアのファンの方もどうもありがとうございます。タニアの超高度な音楽性はすばらしいです。ご堪能下さい。


 お役に立ったら、今日も↓'人気blogランキングへ'の投票もよろしくお願いします!
posted by ブラックミュージック名曲名盤試聴通販 at 19:45 | Comment(0) | TrackBack(2) | ボサノヴァ
この記事へのコメント
コメントを書く SPAMMERS,BEAT IT!
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

カフェ音楽/セルメン始めました(笑)
Excerpt: そのうち書こうと思っていた「カフェに似合う音楽」第2弾。 第1弾はこちらです。 今回もブラジル音楽です。 しかし日本から一番遠い国の音楽が なんでこんなに惹き付けるのでしょう・・・ブラジル行..
Weblog: 気になるモノ☆プチセレブ
Tracked: 2005-11-09 23:29

Joao Gilbert / Joao Gilbert
Excerpt: いきなりビートルズからボサノバですみません。いま結構はまっています。 Joao Gilbert (ジョアノ・ジルベルト)はボサノバの世界では、アントニオカルロスジョビンと並んで神様のような
Weblog: 今日の音楽
Tracked: 2005-12-03 05:35


お役に立ったらこちらランキング投票もよろしくお願いします
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。