タックしあわせCD 無料試聴音楽おすすめ販売

2005年10月24日

カウント・ベイシー・オーケストラ エイプリル・イン・パリ スイング・ジャズの名盤

エイプリル・イン・パリ

このCount Basie OrchestraのApril in Parisはモダン・スイング・ジャズの名盤といわれ、大学のジャズ・オーケストラなどでも割と最初に取り上げたりするような有名な楽曲が入っていたりします。

ジョー・パスのファンの方もありがとうございます。このカウント・ベイシーの楽団のギタリストはフレディー・グリーンで、リズム・ギター、バッキング・ギターの達人で、Joe PassのようなGuitaristとは全く対照的な人です。(ジョー・パスはソロだけでなく、バッキングもすごいですけどね)

カウント・ベイシー楽団、ひいてはビッグ・バンド・サウンドの醍醐味が十二分に堪能できる作品。タイトル曲をはじめ、「シャイニー・ストッキングス」「コーナー・ポケット」など代表曲のドライヴ感も心地よい。(アマゾン)




レビューです。

ワン・モア・ワンス!!, 2004/05/13
レビュアー: bringthenoize   神奈川県茅ヶ崎市
初演時に、あまりの観客の熱狂ぶりに、思わずベイシーが「オン・モア・ワンス!」とリフを繰り返させた、というニュー・ベイシー・バンドの十八番@を収録した、モダン・スイング・ジャズの名盤。同時期の「ベイシー・イン・ロンドン」と甲乙は付けがたいが、こちらの方が、気軽に聴けるアルバムかも。個人的にはAのメロディー・アレンジと、Iの責め立てるようなスイング感がたまらない。メンバーも、まず最強と言える布陣で、特にサックスのフランク・ウエスと、ドラムのソニー・ペインは、この時期のベイシー・バンドには欠かせぬ逸材。「ビッグ・バンドはどうもねぇ」という人にもおすすめ。


ニュー・ベイシー・サウンド!!!, 2005/08/17
レビュアー: giantsteps   東京都 Japan
1955年と1956年の録音です。後の大成功のスタートになった作品です。ベイシーバンドを聴いたことの無い方はまずこのアルバムと、『イン・ロンドン』、『Breakfast Dance and Barbecue 』の3枚を聴かれることをお薦めします。内容については、今更言うまでもないでしょう。ベイシーのピアノ、ペインのドラム、エド・ジョーンズのベース、そしてフレディー・グリーンのギター、4人のリラックスした演奏、これが、ベイシーサウンドの根幹です、が、突如ペインが、他のメンバー(ニューマン・サド・ウェス・フォスター・ローヤル・書ききれない!?)と共に大爆発、ウルトラ・ダイナミック・レンジ!!これがニュー・ベイシー・サウンドの最大の魅力です。ヒット曲のオンパレード!!

曲目リスト
1.エイプリル・イン・パリ
2.コーナー・ポケット
3.ディドン・ユー
4.スウィーティ・ケイクス
5.マジック
6.シャイニー・ストッキングス
7.ホワット・アム・アイ・ヒア・フォー
8.ミジェッツ
9.マンボ・イン
10.ディナー・ウィズ・フレンズ

特におすすめは1.エイプリル・イン・パリと2.コーナー・ポケットです。古き良き時代のゆったりとしたスイング・ジャズの名演を堪能できますよ。

エイプリル・イン・パリ

 お役に立ったら、今日も↓'人気blogランキングへ'の投票もよろしくお願いします!
posted by ブラックミュージック名曲名盤試聴通販 at 21:22 | Comment(4) | TrackBack(1) | ジャズ
この記事へのコメント
TBサンクスどうもでヤンス。
ベイシーは聴かないと、ニンゲンがダメになりますからねぇ。やっぱ、フレディ・グリーンだ!
とか言って実は、このアルバム持ってないんですよ。
例えて言うならば、「マイルズは好きなんですけどぉ、ING四部作とぉ、Sketches Of Spainとぉ、Kind Of Blueとぉ、Nefertitiとぉ、キリマンとぉ、ビッチェとぉ、パンゲアとアガルタは持ってないんですぅ。」みたいなアホです。どうもスイマセン。

ではTB返しさせて頂きます。
Posted by bugalu at 2005年11月07日 21:56
bugaluさん、どうもこんばんは。

いえいえ、現実に名盤なんて星の数ほどあるので、持ってないものが多くて当然ですよね。

bugaluさんもいろいろな音楽をご紹介されていますね。ラバー・ソウル私も好きですよ。

TBもどうもです。
Posted by 管理人 at 2005年11月08日 00:42
TBありがとうございます。
僕が観た「ピアノ・ブルース」にはカウント・ベイシーとオスカー・ピーターソンが二人でピアノを弾いていたと思います。

今後とも宜しくお願いします。
Posted by パパクーラ at 2005年11月08日 15:35
パパクーラさん、はじめまして。

いえ、こちらこそご訪問ありがとうございます。

へえ、そうだったんですか。「ピアノ・ブルース」観てみたいですね。

パパクーラさん整体師さんなんですね!

今後とも宜しくお願い致します。
Posted by 管理人 at 2005年11月08日 19:03
コメントを書く SPAMMERS,BEAT IT!
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/8547307

「温泉」と分かりました。
Excerpt: カウント・ベイシー(Count Basie) 「Basie Big Band」(1975) 何度でも書くぞ。 このアルバムは凄いイイです。 アンサンブルなんかはチョットゆるいというか、ラフな感じも..
Weblog: These Are Soulful Days
Tracked: 2005-11-07 21:58


お役に立ったらこちらランキング投票もよろしくお願いします
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。