タックしあわせCD 無料試聴音楽おすすめ販売

2005年09月29日

Live in Chicago/Sarah Vaughan 秋にはジャズ

Live in Chicago

このサラ・ヴォーンのライブ・アルバムは、恥ずかしながらdonさんに教えて頂くまでよく知らなかったのですが、深まっていく秋にはジャズもとてもよく似合っていい時期だと思います。

録音状態は、なにせ収録が58年と50年代なので、お世辞にもいいとは言えません。

でも本当にジャズの好きな方々にとっては50年代の録音をアナログ・レコードでが一番と思われている方も多いと思います。

録音機器がシンプルなものしかないからこそ、歌手や演奏家の本当の実力がはっきりと出てくる、またそういった腕の見せ所の時代でもあったといえると思います。


試聴は1-5曲までだけしかできませんが、50年代当時の時代や雰囲気を充分味わえると思います。

また、収録曲もスタンダードや耳なじみのある曲が多いので、50年代の息吹を感じるのにもいいライブ・アルバムです。

1.September in the Rain
2.Willow Weep for Me
3.Just One of Those Things
4.Be Anything (But Be Mine)
5.Thou Swell
6.Stairway to the Stars
7.Honeysuckle Rose
8.Just a Gigolo
9.How High the Moon
10.Detour Ahead
11.Three Little Words
12.Speak Low
13.Like Someone in Love
14.You'd Be So Nice to Come Home To
15.I'll String Along With You
16.All of You
17.Thanks for the Memory

Live in Chicago

 お役に立ったら、今日も↓'人気blogランキングへ'の投票もよろしくお願いします!
posted by ブラックミュージック名曲名盤試聴通販 at 12:32 | Comment(0) | TrackBack(1) | ジャズ
この記事へのコメント
コメントを書く SPAMMERS,BEAT IT!
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/7474649

ラヴァーズ・コンチェルト
Excerpt: 秋になると思い出す歌がある。 学生時代に、秋の文化祭・合唱コンクール等で一度は歌ったことが あるであろう、バッハのメヌエット長調『ラヴァーズ・コンチェルト』。 最近では、サラ・ヴォーンが歌う曲が..
Weblog: HAL's BAR キャンドル・ナイト
Tracked: 2005-10-09 03:30


お役に立ったらこちらランキング投票もよろしくお願いします
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。