タックしあわせCD 無料試聴音楽おすすめ販売

2005年09月25日

イフ・アイ・エイント・ガット・ユー / アリシア・キーズ

最近の曲ではこのAlicia Keysの「If I ain't got you」が割といい曲だと思っていたので、収録アルバムを探してみました。

もちろん、本人のオリジナル・アルバムも出ていますが、今日は趣向を変えて、オムニバス盤でいってみたいと思います。

グラミー・ノミニーズ2005

2005年度グラミー賞にノミネートされた主要楽曲を一挙収録。U2、グリーン・デイ、マルーン5、ジョス・ストーン、ビースティ・ボーイズ、ノラ・ジョーンズほか、レーベルを超えて実現した1年に1度の究極のコンピレーション・アルバムです。ただ、このシリーズ自体はかなり昔からあります。


私は最近の音楽にはあまり詳しくないので、レビューより引用します。参考にしてみてください。

>レビュアー: big-lilさん

Best, 2005/03/29

ここ一年のアメリカ音楽界はロックなどよりヒップホップやR&Bのシーンが盛り上がりました。それを示すかのようにこのCDもヒップホップ、R&Bの曲が多めに収録してあります。
内容は例年どおり超豪華で、すべての音楽ファンが楽しめる一枚になっていると思います。ここで少しアーティストを一部紹介していこうと思います。
ブラックアイドピーズは2年連続で収録&一発目のパフォーマンスしています。レイチャールズはグラミー最多受賞となり、グリーンデイはパンクシーンをまたまた盛り上げてくれました。ロスロンリーボーイズのさわやかさはカリフォルニアだけではなく全米各地しれわたり、アリシアキーズのイフ・アイ・エイント・ガット・ユー などは今年一番の名曲だといっても過言ではないです。アッシャーは過去最高のダイアモンドセールスをし、カニエウェストはプロデューサーとしてとも大活躍中です。今年一番の新人といったらマルーン5の右に出るものはいないと思います。ジョスストーンのソウルフルな歌はアリシアにもおとらないぐらいの素晴らしさです。ノラジョーンズはジャズ界で確かな地位を築き上げ、ジョンメイヤーはまたまたカントリーの名曲を作ってくれました。
プリンスの完全復活は音楽業界の多くの話題になり、シールも同じく頑張っています。U2はまだまだロック界の第一線で活躍できると再度確認させられました。ビースティボーイズもしばらくぶりのアルバムからのジャストブレイズとのチ、チェック・イット・アウト で新たな一面も見せてます!!!!

>レビュアー: 141さん   東京

2005年度グラミー, 2005/03/16

ここ数年のPOPミュージックは廃れる傾向にあり、数年前と比べれば小粒なヒット曲が並び、洋楽だから質が良いとは必ずしも言い切れない状況になりつつあった。
しかし、HIP HOPのみが優勢だった、ロックも大雑把な作品が目立つ近年に比べ、2004年は様々なジャンルが活気を取り戻して行った年でもある。故に重要な年であり、それらの名曲がつまった今作は聞き所の多いコンピレーションアルバムとなっているのだ。

ここ数年は年々R&Bが落ち込んでいくのが目立ち、90年代に活躍したシンガーやプロデューサーは次々と活躍の場を追いやられてきた。そんな中でHIP HOPプロデューサーやラッパーと共演するものたちが辛うじて立場を守ってきたような状況で、王道のR&Bシンガーで成功していたのは僅かであった。
しかし、去年最も活躍したのは男性R&BシンガーのUSHERであり、彼のヒット曲のほとんどを提供したのは90年代に全盛期だったジャーメイン・デュプリである。さらに、KANYE WESTの大成功によって古きよきR&Bに焦点が当り、レトロ思考な本格派アルバムをアリシア・キーズが作り、アニタ・ベイカーやアル・グリーンなどの大御所の活躍も目立った。
勿論レイ・チャールズの活躍も、他のシンガ−の助けもあるとは言え、30年ぶりにヒットチャートの上位に現れて、今まで窮屈だった音楽シーンが大変華やかになった年だった。

さらに、ここ数年では騒がしく図太い音の割には実のない若者のロック界は、深みを増したシンプルでキャッチーなロックバンドやシンガーの活躍が取って代わり、近年では最も評価の高いポップ・ロックが目立っていた。今回のグラミー賞作品集は例年より少々大人向けかもしれない。


Usherの「Burn」など2004年に流行ったバラード曲も多数収録されています。エミネムやアブリルラブィーンなどが好きな方がいろいろな音楽を聴こうとこのアルバムを買って気に入ったとの感想もありました。

イフ・アイ・エイント・ガット・ユー / アリシア・キーズに関しては、けっこう昔からよくある、R&Bの王道バラードといった感じです。

曲目リスト
1.レッツ・ゲット・リターディド / ブラック・アイド・ピーズ
2.ヒア・ウィ・ゴー・アゲイン / レイ・チャールズ with ノラ・ジョーンズ
3.アメリカン・イディオット / グリーン・デイ
4.ヘヴン / ロス・ロンリー・ボーイズ
5.イフ・アイ・エイント・ガット・ユー / アリシア・キーズ
6.バーン / アッシャー
7.スルー・ザ・ワイアー / カニエ・ウェスト
8.シー・ウィル・ビー・ラヴド / マルーン5
9.ユー・ハド・ミー / ジョス・ストーン
10.レッドネック・ウーマン / グレッチェン・ウィルソン
11.ザ・ファースト・カット・イズ・ザ・ディーペスト / シェリル・クロウ
12.サンライズ / ノラ・ジョーンズ
13.ユー・レイズ・ミー・アップ / ジョシュ・グローバン
14.ドーターズ / ジョン・メイヤー
15.シナモン・ガールズ / プリンス
16.ラヴズ・ディヴァイン / シール
17.マイ・イモータル / エヴァネッセンス
18.グッド・バイブレーション / ブライアン・ウィルソン
19.モンキー・トゥ・マン / エルヴィス・コステロ
20.ヴァーティゴ / U2
21.チ、チェック・イット・アウト / ビースティ・ボーイズ

グラミー・ノミニーズ2005

 お役に立ったら、今日も↓'人気blogランキングへ'の投票よろしくお願い致します!
posted by ブラックミュージック名曲名盤試聴通販 at 19:42 | Comment(8) | TrackBack(0) | A〜E
この記事へのコメント
トラックバックありがとうございます。アリシアのCDはもってないんですが、何かの賞の授賞式でカーマをパフォーマンスしてるのを見て、いいなと思いました。歌よりも最近はプロアクティブという基礎化粧品の通販宣伝で彼女を見かけます。
Posted by ひろよし at 2005年10月17日 19:49
トラックバックありがとうございます。実はトラックバックしていただいた記事なんですが、私の友人が書いたものなんです。友人に知らせておきますね。
Posted by あくび at 2005年10月17日 21:07
ひろよしさん、ご訪問とコメントありがとうございます。

>最近はプロアクティブという基礎化粧品の通販宣伝で彼女を見かけます。

へぇ〜、そうなんですか。気をつけて見てみます。貴重な情報もどうもありがとうございます。
Posted by 管理人 at 2005年10月17日 21:10
あくびさん、はじめまして。ご訪問とコメントありがとうございます。

>私の友人が書いたものなんです。

そうだったんですか。なにかあくびさんにお手数をお掛けしてしまってすみませんね。
Posted by 管理人 at 2005年10月17日 21:12
あくびさんの友人(って失礼かな)のみかです。
高校三年生です。
私が書いてブログに載せていただいたのですが、
トラックバック嬉しかったです☆
なんか凄く詳しく色々書いてあって「あ、そうなんだぁ」と勉強になります!
アリシア・キーズはアルバム一枚しか持っていないんですけど、初めにMTVで見たときから凄く惹かれててもっと音楽についても彼女自身についても色々知りたいなと思ってます。勉強させて頂きます☆
Posted by みか at 2005年10月17日 21:28
みかさん、はじめまして。

いえ、こちらこそ、みなさんにご訪問等していただいて、とっても感謝しています。

高三ですと、受験勉強大変ですね!がんばってくださいね。

私も最近の音楽はうとくて、お恥ずかしいです。まだまだ勉強していかないと...。
Posted by 管理人 at 2005年10月17日 23:56
遅くなりましたがトラックバックありがとうございました。
私もこの曲大好きです。そしてアリシア・キーズのちょっとハスキーな声も。

他にも私の大好きなアーティストの記事が色々有ったので、興味深く読ませていただきました。
ブラック・ミュージックはイイですよね!
Posted by moccho at 2005年10月20日 23:54
mocchoさん、いえ、こちらこそご訪問ありがとうございます。

この曲いい曲ですよね。アリシア・キーズの声もいい声されていますね。

どうもありがとうございます。

はい、ブラック・ミュージック大好きですよ!
Posted by 管理人 at 2005年10月21日 13:01
コメントを書く SPAMMERS,BEAT IT!
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/7305865


お役に立ったらこちらランキング投票もよろしくお願いします
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。