タックしあわせCD 無料試聴音楽おすすめ販売

2006年01月12日

akiko リトル・ミス・ジャズ・アンド・ジャイヴ 現在ジャズランキング5位

リトル・ミス・ジャズ・アンド・ジャイヴ

内容(「CDジャーナル」データベースより)
ライヴ盤『シンプリー・ブルー』も好評のヴォーカリスト、akikoのジャンプ&ジャイヴのカヴァー・アルバム。小西康陽をプロデューサーに迎え、ダンサブルにスウィングするサウンドを聴かせてくれる。



ちなみに、これはaikoさんではありません(わかってるよ!)

1/12日現在ジャズ・フュージョンCDランキングTOP100の5位と大ヒット中なのと、小西康陽さんプロデュースということで面白いので、とりあげてみました。

内容 (「CDジャーナル・レビュー」より)
akikoの新作は小西康陽プロデュースでテーマはジャンプ・ミュージック。1940年代のビ・バップ・ジャズと対になり、互いに重なりながら同時に進行したこの大衆音楽は、R&Bやロックにつながり、当時の音楽エネルギーを象徴するもので、いかにもakikoにぴったりだ。小西のサウンドは、当然現代的に洗練されたもので、その分ジャンプというよりジャズに近いが、それでもこの音楽本来の猥雑さのようなものもしっかり再構築しているのはサスガ。エネルギッシュで、どこかコケティッシュなakikoの魅力いっぱいだ。 (青木和富) --- 2005年12月号

レビュー評価も参考にしてみてください。

片肘張らず、リラックスして楽しもう!, 2005/12/10
レビュアー: hide-bon (名古屋市)

 "ONEーTWO、ONEーTWO、TEST、TEST"と、飛び切りスウィングなリズムで始まるakiko&小西康陽のコラボレーション作は、聴く者すべてを幸福な気分にさせるジャジィでグルービィなアルバムだ。akikoの持つクールでハスキィな中にも透明感がある歌声に、小西のいつもながらのセンスの良さ(フレンチ・ジャズを思わせる紙ジャケットのポップさを見よ!)が噛み合っての今作は、片肘張らずに、ジャズを聴く喜びを教えてくれる。日曜の午後、ティを飲みつつ、リラックスして楽しめる逸品だ。

楽しくなります!, 2006/01/03
レビュアー: e-syndrome (Tokyo)

akikoさんファン、小西康陽さんファン必聴!!
ますますお二人の虜になるでしょう。
akikoさんのジャイヴ最高です!

1番の『IT DON'T MEAN A THING(IF IT AIN'T GOT THAT SWING)』でハッとし、『I WANT YOU TO BE MY BABY』で口ずさんでる。
きっと初めて聴いたとは思えないくらい、ノッてしまう一枚です。

何をしていても邪魔にならない、なのに元気になれる、シーンを選ばない、最高な一枚です。

ジャイブな夜に, 2006/01/08
レビュアー: トトロの寝言

楽しい夜も、落ち込んだ夜にも、小西康陽プロデュースによるakikoのジャンプ&ジャイブで落ち込み気味なアーバンライフにハッピー&ロッキンなナンバーを。
 聞けば元気が後押ししてくれます。JAZZ&JIVEが初めてでも楽しめるアルバムだと思います。

リビングでくつろごう, 2006/01/09
レビュアー: さらん

店頭でジャケットを見て衝動買いしましたが、あたり!でした。
おうちカフェを気取って、リビングでお茶をのみながら、
本を読んだり、ネットを楽しんだりしてます。
小西さんのカラミでちょっと興味があったのですが
akikoさんにもかなり興味がわきました。
いい声です。
ジャズって気楽にたのしめるよ!と、
初心者の私でもとてもなじみやすい楽曲ばかりです。

曲目リスト
1.アイ・ウォント・ユー・トゥ・ビー・マイ・ベイビー
2.ミュージック・ゴーズ・ラウンド・アンド・ラウンド
3.ミスター・サンドマン
4.イズ・ユー・イズ・オア・イズ・ユー・エイント・マイ・ベイビー
5.スウィングしなけりゃ意味がない
6.アラウンド・ザ・ワールド
7.フラット・フット・ブルージー
8.アイム・ビギニング・トゥ・シー・ザ・ライト

リトル・ミス・ジャズ・アンド・ジャイヴ

ピアノ曲の好きな方、サラやリンダのファンのみなさんもどうもありがとうございます。

 お役に立ったら、今日も↓'人気ブログ・ランキング'の投票も何卒!
posted by ブラックミュージック名曲名盤試聴通販 at 19:37 | Comment(6) | TrackBack(1) | ジャズ
この記事へのコメント
はじめまして、「身のまわり新聞」の杉本です。TB,ありがとうございます。僕も音楽全般何でも聞きますが、特にブラックミュージック大好き人間です。最近の託児所帰りパワープレイはスピナーズなんです。曲はあの一曲だけなんですけどね。
これからも、よろしくお願いします。
Posted by 杉本 at 2006年02月13日 20:13
こんにちは、mocchoです。
トラックバックありがとうございました。

このakikoさんのアルバム売れてるんですね。
私はまずジャケに惹かれたクチですが、
そういう人も結構多いかも。インパクト有りますよね?
もちろん内容も負けてないと思います。
Posted by moccho at 2006年02月13日 23:46
杉本さん、はじめまして。
こちらこそご訪問ありがとうございます。
ブラック・ミュージック深いですよね!

スピナーズもとてもいいですね。パワープレイは好きなものになっちゃいますね。

こちらこそ、今後ともよろしくお願い致します。
Posted by 管理人 at 2006年02月14日 12:18
こんにちは、mocchoさん。
こちらこそご訪問ありがとうございます。

たしかにジャケットインパクト強いですね。昔の古き良き時代を連想させますし、アートとしてもすばらしいです。

アルバムの内容そのものももちろん、大事ですが、こういった芸術性も大きな要素ですね♪
Posted by 管理人 at 2006年02月14日 12:22
管理人さま、はじめまして。
ちょっと時間が経ってしまいましたが、TBありがとうございました〜。
自分の「リトル・ミス・ジャズ・アンド・ジャイヴ」のコメントを書いてから、お邪魔したかったので,遅くなってすみません。わたしのばやい、ボキャブラリーの在庫が品薄なので、人の感想を見てしまうと、書けなくなっちゃいそうなので。。
この記事をみて、やっぱり先に見なくてよかった〜とおもいました(^^;
(といいつつ、TBしちゃいましたが)
ミスター・サンドマンとアイム・ビギニング・トゥ・シー・ザ・ライトが好きですね〜。全部よかったですけど。
ではでは!
Posted by まゆ太 at 2006年02月21日 12:17
まゆ太様、はじめまして。
いえ、こちらこそご訪問やコメントありがとうございます。
いえいえ、わたしの場合はあまり自分の主観が入って誤解を招いてもなんですから、けっこう他人様の感想を参考にさせていただいています(笑)。
まゆ太さまのご評価もとても参考になります。どうも有難うございます。
それでは、これからもよろしくお願い致します。
Posted by 管理人 at 2006年02月21日 22:29
コメントを書く SPAMMERS,BEAT IT!
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

リトル・ミス・ジャズ・アンド・ジャイヴ
Excerpt: akikoさんの最新アルバム、「リトル・ミス・ジャズ・アンド・ジャイヴ」について。
Weblog: まゆ太の山歩き日記
Tracked: 2006-02-21 12:13


お役に立ったらこちらランキング投票もよろしくお願いします
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。