タックしあわせCD 無料試聴音楽おすすめ販売

2005年12月10日

ラウル・ミドン ステイト・オブ・マインド アリフ・マーディン プロデュース 驚異のギタリスト

ステイト・オブ・マインド(期間限定)

このRaul MidonはJ-WAVEでも現在ヘビーローテーション中の、注目のギタリスト、ボーカリストです。

内容(「CDジャーナル」データベースより)
生まれつき盲目ながら、驚異的な声とギターのパフォーマンスでデビューしたラウル・ミドンの1stアルバム。アリフ・マーディン、ジョン・マーディンによるプロデュースでスティーヴィー・ワンダーら豪華ゲストも参加。



レビュー評価はどうなっているでしょうか?

仕事中ヘビーローテです!, 2005/10/28
レビュアー: dictac

またしても、2005年のベストバイに選びたいアルバムの一枚ですね。なんといっても、シックでメロー。心地よさったら、相当イイです。
ハイトーンボイスも、すごく気持ちイイ。

デスクワーク中心のオフィスワーカーにオススメですね。


極上!, 2005/11/17
レビュアー: KAZ

MTVで見てビビッと身震いがしました。「えっ誰だコレ!?」名前を確認し、次の日に購入しました。危なかった・・・見逃すわけにはいかないアーティストです。
さて、内容を紹介したいと思います。サウンドはいたってアコースティック。完全にアコースティックに徹していて、ハイレベル・スタジオな音は一切しません。特にアコースティックギターが中心で、演奏はラウル自身です。卓越した演奏を聴かせてくれます。ラウルのギターはある曲では軽快で神秘的なグルーヴを生み出し、ある曲では歌いかけているかのごとく、やさしく囁き、自身の歌唱を引き立てます。ラウルの歌唱はソウルフルでかなり上手いです。その他のシンプルな音の楽器(スティーヴィー・ワンダーのハーモニカもあります)もあわせて何ともいえぬ、温かいラウルの世界を作り出しています。ジャンル的にはソウル・フォーク・ジャズ系でしょうか。余計なテクノロジーに頼らない“素の音楽の良さ”が味わえます。
ラウルは生まれたころから盲目だそうです。小さい頃から音をよりどころとしていたラウルだからこそ作り得る音楽の世界なのかもしれません。盲目といえば(このアルバムにも参加している)大御所スティーヴィー・ワンダーがいます。愛に満ちた独特の美しいサウンドを作り出すという点で、ラウルはスティーヴィー・ワンダーと似ていると言えるかもしれません。このアルバムではジェイソン・ムラーズとの共演もあります。実力派若手シンガーソングライターの共演に、ポール・マッカートニーとスティーヴィー・ワンダーとの共演『EBONY AND IVORY』を思い起こし重ねたのは僕だけでしょうか・・・
同じようなR&Bシンガーが増える中、ラウルは類のない極上の音楽を聴かせてくれます。今後、最も期待するアーティストのひとりです。もっとたくさんの人に聴いてほしいと思います。


10に年1度の出会い, 2005/11/20
レビュアー: バビロン

昔、ミルトン・ナシメントの声をはじめて聞いたとき、スティビー・ワンダーのアルバムに出会ったとき、カルトゥーラの復刻CDを見つけたとき・・・そうそうあることがないミュージシャンとの出会いです。昔の友人はみんな聞いたのかな。


50年後にも聴かれてるでしょう。, 2005/11/21
レビュアー: 家宝になり得る。 "ままう"

 こりゃすごい!!久々のソウルの星。タイプは違うけどダニー・ハサウェイのライブ盤と同じような感動が・・・(本人も尊敬しているようで、8曲目「Sittin' in the middle」の歌詞に出てくる)。震えが来ます。星5つじゃ足りないくらいです。
 ジェフ・ベックが心酔したというギターテクも、「誰か脇で吹いてるでしょっ!?」ていうくらいのマウス・トランペット(?)もすごいけど、何よりこの人にはソウルがある。音楽界に久しく失われていた真の意味でのソウルがこの人にはあります。音楽性の幅広さも素晴らしい。また、今の時代にこれほどポジティブな姿勢を保っているって言うのも特筆ものです。
 今後がものすごく楽しみだし、同時代にこういう人がいるんだという喜びを久々に味わいました。その意味でこの値段は破格でしょ。買うしかないです。


今年のベストですね。, 2005/11/25
レビュアー: antennae

ラウル・ミドン・・・、彼はすごい!盲目というハンデを逆に自分自身のパワーにしている!と私はエキストラトラックのライブ映像を観て驚愕しました。熱いボーカル、たたくようにして鳴らすギター、そして湧き出るオーラ、全てが感動です。フラメンコ風のギターではありますが、メロディアスなソロも随所にみられます(それと、彼の口によるマウス・トランペットが素晴らしい!)。曲もバラエティに富んでますが、どれも聴いていて心地よいです。ゲストでジェイソン・ムラーズとスティーヴィー・ワンダーが参加していますが(どちらも私は大好きなのですが)、やはり主役はラウルの歌、ギターなんです。これがデビューアルバムだそうですが、この盤は多くの人から絶賛されることでしょう。しかし彼のギターをかき鳴らすというこのスタイルは崩さないでいて欲しいナァと思います。

試聴はこちら輸入盤で
1.State of Mind
2.If You're Gonna Leave
3.Keep on Hoping
4.Mystery Girl
5.Waited All My Life
6.Everybody
7.Expressions of Love
8.Sittin' in the Middle
9.Suddenly
10.Never Get Enough
11.Sunshine (I Can Fly)
12.I Would Do Anything
13.All in Your Mind
State of Mind

こちらは期間限定の国内盤です
曲目リスト
1.ステイト・オブ・マインド
2.イフ・ユーアー・ゴナ・リーヴ
3.キープ・オン・ホーピング(with ジェイソン・ムラーズ)
4.ミステリー・ガール
5.ウェイテッド・オール・マイ・ライフ
6.エヴリバディ
7.エクスプレッションズ・オブ・ラヴ(feat.スティーヴィー・ワンダー ハーモニカ・ソロ)
8.シッティング・イン・ザ・ミドル(ダニー・ハザウェイに捧ぐ)
9.サドゥンリー
10.ネヴァー・ゲット・イナッフ
11.サンシャイン(アイ・キャン・フライ)
12.アイ・ウッド・ドゥ・エニシング
13.オール・イン・ユア・マインド
14.デヴィル・メイ・ケア ※〈CDエクストラ:ステイト・オブ・マインド(Live映像)/サンシャイン(アイ・キャン・フライ)(Live映像)〉

ステイト・オブ・マインド(期間限定)

↓'人気blogランキング'はどうなっているでしょうか?
posted by ブラックミュージック名曲名盤試聴通販 at 14:43 | Comment(10) | TrackBack(3) | P〜T
この記事へのコメント
トラックバックありがとうございました。
ラウル・ミドン、是非購入したいです(*´∀`*)
Posted by at 2005年12月13日 20:22
歩さん、はじめまして。いえ。こちらこそご訪問やコメントありがとうございます。

ラウル・ミドン最近のアーティストの中でいいですね。
Posted by 管理人 at 2005年12月13日 23:51
トラックバックありがとうございます。
ラウル・ミドン、コンピ盤でしか聞いていないので、是非まるまる聞いてみようかと思っています。
Posted by pace at 2005年12月14日 02:15
トラックバックありがとうございます。
ラウル・ミドン、久々にビビッっときました。
来年1月末に来日公演が決まりましたね!
Posted by フィル at 2005年12月14日 21:26
paceさん、はじめまして。

いえ、こちらこそご訪問ありがとうございます。

アルバム通しでもなかなかいいですよね。試聴もよろしかったら使ってみてください。
Posted by 管理人 at 2005年12月14日 23:35
フィルさん、はじめまして。

いえ、こちらこそご訪問などありがとうございます。

たしかにラウル・ミドン、ビビッっとくるような良さがありますよね。

来年1月に来日されるんですね。貴重な情報もありがとうございます。
Posted by 管理人 at 2005年12月14日 23:38
TBありがとうございました。
スティーヴィー、ハーモニカで参加してますが、
ここまで個性が確立されていると、
ちょっとやそっとのプレイヤーでは絡めませんね。
しかしなんでこんなにCDの値段が安いんでしょう、、。
Posted by モノクロギター at 2005年12月15日 06:39
モノクロギターさん、はじめまして。いえ、こちらこそご訪問ありがとうございます。

う〜ん、でもこういった完成度の高いアーティストとスティーヴィーはとてもよく合いますね。

CDの値段どんどん安くなっていっちゃいますかね〜。ありがたいことでもあるんですけどね〜。
Posted by 管理人 at 2005年12月16日 00:10
こんばんは。blogにご来場有難うございました!TBに気付くのが遅くなり、お礼コメント遅れました。すみません。。ラウルミドンの声素敵ですよね。歌いながらのあのギターもスゴイっ。私も期間限定の日本盤買っちゃいました。ライブビデオまでついてて確かにお得ですよね〜。来日公演も楽しみです!
Posted by elephant-studio at 2005年12月17日 02:26
elephant-studioさん、こんばんは。すみません、遅れてしまいました。

いえ、こちらこそご訪問ありがとうございます。たしかに弾き語りとは思えないすごさですね。

日本盤やチケットもうらやましいですね。いいじゃないですか!
Posted by 管理人 at 2005年12月20日 00:25
コメントを書く SPAMMERS,BEAT IT!
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/10480880
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。NO SPAM trackbacks.GET LOST!

凄いアーティスト
Excerpt: 凄いアーティストを発見した。彼の名前はラウル・ミドン(Raul Midon)である。 生まれつき盲目ながらも、声とギター、そして口でやるトランペット。そのパフォーマンスには壮絶なものを感じる。日..
Weblog: Mysterious Space 日記
Tracked: 2005-12-12 19:50

古き良き時代のブラック・ミュージックを聞いた様
Excerpt: 初めまして、トラックバックありがとうございます。 ラウル・ミドンを聞いて久しぶりに純粋な良い音楽に出会った様な気がします。 まぁギタリストとしては練習する気を失うレベルですけどね・・・(笑) 歌..
Weblog: Good Sing Good Thing
Tracked: 2005-12-14 14:17

ラウルに癒されて
Excerpt:   ”ラウル”と言っても、   レアル・マドリードのラウル・ゴンザレスでもなく、   アダムス・ファミリーのラウル・ジュリアでもない。   ラウル・ミドン(Raul Midon)のこ??..
Weblog: unip的クールなモノ・コト
Tracked: 2006-01-10 17:37


お役に立ったらこちらランキング投票もよろしくお願いします
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。